トップページ >  ニキビ対策の豆知識 >  クリニックでニキビ治療

皮膚科、クリニックでニキビ治療

酷くなったニキビ、ニキビ跡がなかなか治らない場合は皮膚科、クリニックの受診がおすすめです。ここでは皮膚科や美容クリニックの治療法を紹介します。



・外用薬や内服薬
皮膚科でのニキビ治療は、塗り薬や飲み薬が処方されます。 塗り薬は炎症を抑える目的のものがほとんどです。飲み薬はニキビの原因となるアクネ菌を抑え抗生物質や、肌代謝を高めるためのビタミン剤などが処方されます。 sの他、ホルモンバランスや血流を改善する漢方薬が処方され、体質の改善によってニキビを治療していくこともあります。

・ピーリング治療
美容クリニックやエステではピーリング治療を行っています。 ピーリングは肌の硬くなった角質を分解して取り除き、肌本来の代謝、ターンオーバーを働きかける治療法です。 ターンオーバーがすすむと、ニキビの改善だけでなく、美白効果も期待できます。

ピーリングは化学薬品によって古い角質を除去する方法があります。 自分でピーリングするのに比べて、クリニックで扱う薬品なので、効果が強くターンオーバーに強く働きかけます。

ピーリングと合わせて行われる方法として、イオン導入があります。 微弱な電流を使って、ビタミンCなどを肌の奥深くまで届ける方法です。ビタミンCにはコラーゲン合成作用をはじめ、皮脂を抑える働きなどもあり、ニキビ治療をサポートします。

・レーザーによる外科的治療
美容クリニックで行われる治療法にレーザー治療があります。 レーザーで皮膚に小さな穴を開け、コラーゲンの生成を促すもので、凸凹になったしまったニキビ痕がふっくらとします。 施術の際には痛みが伴いますが、ニキビ跡に効果的な治療方法です。

レーザーではなく、光を照射する治療法もあり、レーザーほど強力ではありませんが、痛みを伴わずにコラーゲンの生成を促します。 また、へこんでしまった皮膚に直接細胞応力因子の注射をする治療法もあります。 コラーゲンが増殖することで、へこんでいた部分がふっくらとし、凸凹のニキビ跡をなくします。

このように、皮膚科や美容クリニックでは様々な治療法があります。症状やクリニックの設備に応じて選択する事ができます。皮膚科での治療薬は保険適用ですが、美容皮膚科では保険が効かず、費用がそれなりにかかります。ただ、その分ひどいニキビ痕もしっかり治療する事が可能です。