ニキビ対策と栄養、食事

いつまでも美しいお肌を保つにはバランスの良い食事を摂ることが大切です。 特に、ビタミンB2、B6やビタミンC、ミネラルはニキビなどの肌荒れの予防に効果的な成分です。 ビタミンはフルーツに多く含まれており、身体が甘いものを欲した時や、ダイエット中でも取り入れやすい食材です。



・ビタミンとミネラルの働き
フルーツをはじめ、乳製品やレバーにも多く含まれているビタミンB2はニキビや口内炎などの粘膜の改善に効果があります。 さらに皮膚や爪、髪の毛など細胞の再生に深く関わっていて、人間の成長や健康維持に欠かせないものです。 ビタミンB2が不足すると肌荒れのトラブルが起こりやすくなり、生活習慣病にもかかりやすくなります。

美容成分として代表的なビタミンCは抗酸化作用があり、お肌の老化を予防します。 また、ビタミンCにはメラニンの生成を抑制する働きがあり、美白効果も期待できます。 ビタミンC不足はシミやソバカスが増える原因となり、免疫力も弱まるので風邪を引きやすくなります。

ミネラルも歯や骨の形成に大変重要な成分で、人の身体を作る上で必要不可欠な成分です。 ホルモンの活性化や代謝にも大きく関わっています。

・ニキビ予防に効くフルーツ
ニキビに効果的とされているフルーツはたくさんありますが、代表的なものはビタミンCを多く含むレモン、オレンジ、いちご、グレープフルーツです。 それから高い抗酸化力のあるリンゴやパパイヤ、スイカなどもおすすめです。 キウイやアセロラ、柿も美肌を作るフルーツとしてよく取り上げられています。

・フルーツのパワーを十分に味わえる効果的な食べ方とは
フルーツは消化の良い食べ物なので、空腹時に食べればすぐにエネルギーに変わり、フルーツが持つ美肌成分もしっかりと身体に吸収させることができます。 特に朝食べることでフルーツに含まれる糖分が身体や脳の活動をサポートし、健康的な1日をおくることができます。

フルーツは加熱したものやドライフルーツではなく生のまま食べた方がより効果的です。 皮には栄養がたくさん詰まっているので、リンゴなど皮も食べられるものはそのまま食べるのがおすすめです。 フルーツは食後のデザートとして食べるイメージが強いですが、食前に食べた方が効果は上がります。

チョコレートやポテトチップスなどお肌に良くないお菓子の代わりに、間食で食べるのもニキビ予防には最適です。 生活の中にフルーツを上手に摂り入れて、いつまでも健康的で美しいお肌を維持しましょう。