トップページ >  ニキビ対策の豆知識 >  洗浄成分の種類について

洗顔石鹸の洗浄成分の違いについて

洗浄力の強い洗顔フォームは大人ニキビにはよくありません。そのため、洗浄力を抑えた洗顔石鹸を使用する人が増えてます。 しかし、洗顔石鹸と言ってもその種類は実に豊富で、それぞれに特徴があります。ここでは洗浄成分の違いや効果について紹介します。



・低刺激、特殊製法など様々な洗顔石鹸
浴用石鹸の多くは、石けん素地に特に何も添加されていません。 洗顔石鹸と区別するため、身体を洗うための石鹸に入浴石鹸と名前がついています。 顔の皮膚は身体に比べて敏感な人が多いため、浴用石鹸と洗顔石鹸は分ける事をおすすめします。

浴用石鹸から刺激を減らした低刺激タイプの洗顔石鹸は、乾燥肌や敏感肌の方におすすめです。 油脂とアルカリを反応させて作られる石鹸は、その製造過程でわずかな不純物が生じ、この中には刺激物も含まれています。 低刺激タイプの洗顔石鹸は、この不純物も除去するために浴用石鹸よりも丁寧に製造されています。 精製度が高いので肌が敏感な方でも安心して利用できる石鹸です。

洗顔石鹸は浴用石鹸よりも洗浄力を控えめにした低洗浄タイプが多くあります。 原材料の脂肪酸を洗浄力が低いものにしたり、油分などの添加物を加えて洗浄力を低くしているので、肌への刺激も少なくなります。 肌が弱っている方やメイクなどを使用しない方にはおすすめですが、洗浄力が低いので汚れを落とすという本来の役目も低くなるので一長一短があります。

・油分や保湿剤などが添加されたタイプ
洗顔後のツッパリ感を抑えるために、油分や保湿剤をたくさん添加した洗顔石鹸もあります。 石鹸にたくさん油分や保湿剤が入っているので、洗顔後にも油膜や保湿膜が残り、洗顔後の肌がつっぱりにくくなります。

他に、豆乳や植物オイルや美容成分などが添加された洗顔石鹸もあります。 このような洗顔石鹸は、洗顔後の肌にはほとんど残っていません。 他の商品との差別化などを図る目的で添加されていることが多く、これらの成分で肌荒れを起こす可能性もあるので要注意です。

・洗浄力を強化したタイプ
加齢によってターンオーバーが滞りがちな肌や丈夫な肌の方には、洗浄力を強化したタイプの洗顔石鹸もおすすめです。 酵素やスクラブ、泥などが添加されているタイプで、石鹸自体の洗浄力とは別の洗浄効果が得られます。普段使いの石鹸ではなく、週に1,2回使用するスペシャルケアのための洗顔石鹸になります。 汚れ落ちなどスムーズに効果が得られることがメリットですが敏感肌の方は炎症を起こす可能性が高いので避けましょう。